対人関係において必要不可欠なマナーであると言えると思います。

ひと昔前までは、男性が化粧するなんて、何かの趣味か商売かと勘違いされ後ろめたくなる行動だったかと思います。現在では男性でも決して女性っぽく見せるためではなく、より印象や、身だしなみとして化粧品を使うというのも普通になってきています。化けるためのものではなく、化粧品を使うことによって、自信をもって活動できれば化粧品は男女問わず、必要であると考えます。肌荒れやクマは、何も知らない人からみれば、疲れている、貧相に見える、などマイナスのイメージも強くなります。就職や、恋愛などはもちろん、接客や人との対応を職業とする人にとっては少しでも良いイメージでお互いに気持ちよくコミュニケーションを取りたいと思うはずです。そんな時に男性でも化粧品を使う事によって、手軽にメイクや肌のケアが出来たら、それは女々しい事では決してなく、対人関係において必要不可欠なマナーであると言えると思います。

自分はどうしても顔色の悪い時があるのでそういう時は少しだけ化粧品を使います。ただ男性化粧品を買うほどでもないので、妻の化粧品を少し拝借して使っている程度です。化粧は意外と難しいので本当はきちんと専門の人に教えていただきたいのですが、化粧品売り場というのは女性の店員さんが多く、ましてやかなりきれいな方が多いので、何ともハードルが高くなかなか足を運ぶ勇気のないのが実情です。けれども自己流で行うとどうしても粗が出てしまうため、「もしかして化粧をしているのですか」と会社などでばれそうなときがありひやりとさせられます。ほとんどの女性のように、違和感のない化粧をしてみたいという気持ちが日に日に強くなるばかりな今日この頃です。

基礎化粧品のお手入れをしているのなら、普通だと思います。彼氏がいますが、肌あれが目立ちやすいのでオールインワンの利用を私が勧め、使っています。
本人としては「男なのに?」と最初は基礎化粧品を使う事を嫌がっていましたが、「シェービングにジェルを使ったり、トリートメントしたり、スカルプケアの為のヘアトニックを使うのと同じだよ」と言い、説得しました。そしてたまにサボってしまいますが使い続けてくれていて、肌あれは良くなりつつあります。
ただ、コンシーラーやファンデーションを使っているとしたら、正直ちょっと気持ち悪いです。
バンドマンがライブの時だけ目の周りを黒く塗るとか、そのくらいなら理解出来ます。
日常的に女性がメイクする様にお化粧をしている男性は周りにいないし、受け入れ難いです。嫌煙してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です