美しく外見を保ちたいというのは非難されるべきではないと思っています。

男性が化粧品を使うことについて、使いたい人は使えばいいと思っています。
もちろん、TPOに合わせることが鉄則なので、サラリーマンがスーツで真っ赤な口紅を…というのであればドン引きですが、肌荒れやクマ隠しであれば、特に問題ないと思います。
特に美容系・健康系の職業に就いている方であれば、ご自身の肌の状態をよりよく見せるのは、ある意味義務に近いです。
一方で激務でもあるため、体調管理と一言で言えてもなかなか実践するのが難しいでしょう。
そういった状況で化粧品の力を借りるのは、ひとつの選択肢ではないでしょうか。
化粧をするのが男らしくない、というのはナンセンスです。
男女を問わず少しでも健康的に、美しく外見を保ちたいというのは非難されるべきではないと思っています。

私は、男性も化粧品を使うことは別に良いと思います。今の流行の男性は男性らしさや雄々しさよりも、清潔感や清涼感が優先されている気がします。ですので、不潔感のある髭などの毛を剃り、髭のあとを隠すため、肌荒れを隠すために化粧品を使うことは、身だしなみと第一印象のためには良いことだと思います。目の下のクマなどは女性でもできてしまいますし、も隠すために専用の化粧品を使うので、男性も使っても構わないと思っています。化粧は身だしなみのためと相手に与える第一印象で好感を得ること、自分の欠点を補うためにすることだと考えているので、男女関係なく自分をより良く見せるために、化粧品を利用しても構わないと思っています。

 

男性がスキンケアに力を入れてるのは受け入れますが、クマや肌荒れを隠す為のメイクをとなると正直若干ひいてしまいます。男性が自分よりも色白でツルツルの美肌というのが、そもそも苦手なタイプだからかもしれません。そのかわり化粧水や保湿クリーム、洗顔などに力を入れてるのは有りだと思います。矛盾しているかもしれませんが、やっぱり男性は多少の肌荒れくらい男の色気といいますか…日焼けした健康的な肌が好きです。それとニキビ跡など本人がとても悩んでいる場合などに隠す程度のコンシーラーくらいなら許容範囲内かもしれません。そう考えると男性は肌質を隠せないので日々の食生活や運動不足、ストレス具合などを隠せないのでその点女性で良かったなーと感じる部分でもあります。ちなみに私が学生時代男子の化粧が流行り、クラスでも人気のある野球部男子がこっそりファーデーションのケースを持って鏡を見ていたのを見た時はショックでした.